タグ別アーカイブ: アメリカ

日本人の考え方や価値観を知る。「菊と刀」から見る太平洋戦争中の日本人

 

「日神すな わち天照大神がながくその伝統を伝えて君臨している。わが国だけにこのことであって他国にはこのような例はない」 (北畠親房 「神皇正統記」 鎌倉時代

 

以前の記事 で、ルーズベネディクトの「菊と刀」から引用をしました。

「ウィキペディア」によれば、これはこんな本です。

 

「日本に関する文献の熟読と日系移民との交流を通じて、日本文化の解明を試みた。『菊と刀』はアメリカ文化人類学史上最初の日本文化論である」

 

ザビエルやフロイスの記録は、彼らが日本で見て聞いて感じたことを記した個人的な記録でした。

 

これに対して、この「菊と刀」は、アメリカ人が本格的に日本人を理解しようと試みた本になります。

 

日本人の行動は、どのような考え方にもとづくのか?その考え方はどのようにして生まれたか?といったことを、アメリカ人の文化人類学者であったベネディクトが考察しています。
今回は、この本から、戦時中の日本人の行動や考え方を紹介したいと思います。

 

なお、この本には、以下のような批判(ウィキペディアから)がありますので、それも考慮して読んでもらえればと思います。

「日本文化が西洋文化とは対極の位置に置かれていることに、批判の目が向けられている。また、日本の文化を外的な批判を意識する「恥の文化」と決め付け、欧米の文化を内的な良心を意識する「罪の文化」と定義したことへの批判もある。」

以下は、菊と刀 (講談社学術文庫)」からの抜粋になります。

 

・私が日本人といっしょに仕事をしていた時に、彼らの使用する語句や観念の多くは最初は不可解に思われたが、やがてそれらは重要な含蓄をもっており、何百年もの歳月を経た感情のこもったものであることがわかってきた。

徳と不徳とは西欧人の考えているものとまるで 違ったものであった。その体系は全く独特のものであった。それは仏教的でもなく、また儒教的でもなかった。
それは日本的であったー日本の長所も短所も含めて。

「日本人の精神主義について」

 

・日本はまたその勝利の望みを、アメリカで一般に考えられていたものとは異なった根底の上に置いていた。日本は必ず精神力で物質力に勝つ、と叫んでいた。
なるほど、アメリカは大国である、軍備もまさっている、しかしそれがどうしたというのだ、そんなことは皆はじめから予想されていたことであり、われわれははじめから問題にしていないのだ、と彼らは言っていた。

 

・まだ日本が戦争に勝っていた時でさえ、日本の政治家も、大本営も、くり返しくり返し、この戦争は軍備と軍備との戦いではない、アメリカ人の物に対する信仰と、日本人の精神に対する信仰との戦いだ、と言っていた。
・しかしながら軍艦や大砲は不滅の「日本精神」の単なる外面的なあらわれにすぎなかった。それらは象徴であった、あたかも武士の刀がその勇気の象徴であったように。

 

・あのちっぽけな飛行機を駆りわれわれの軍艦目がけて体当り自爆をする操縦士たちは、精神の物質に対する優越をものがたる無尽蔵の教訓とされた。これらの操縦士たちは「カミカゼ特攻隊」と名づけられた。

「カミカゼ」というのはあの、十三世紀にジンギス・カンの来寇の時に。その輸送船を蹴散らし転覆させて日本 を救った神風の意味である。

 

*日本人の「精神力は、物理的不利に打ち勝つ」という考えは、今の日本でもあると思います。
軍国主義的な意味でなければ、この言葉をすべて否定することもないですけどね。

 

「降伏しない日本人について」

 

・日本人俘虜の証言はこれらの人の説を裏書きした。西欧の兵士たちと異なり、日本の俘虜たちは、捕えられた場合に、どういうことを言うべきか、またどういうことについては沈黙をまもるべきか、ということを教えられていなかった。

それでいろいろな問題に関する彼らの返答は、いちじるしく統制を欠いたものであった。このように捕虜になった時の訓練ができていないのは、いうまでもなく日本の無降伏主義に基因するものであった。

 

・戦争中、日本軍には負傷者を砲火の中から救い出し、応急処置を施す訓練された救護班がなかった。

 

・日本軍はしばしば病院のある地点から退却せねばならないはめに陥った。まだ時機を逸しない間に、あらかじめ傷病兵を後送するという慣例がなかった。

 

・その処置というのはしばしば、主任軍医が退去に先立って入院患者を射殺するか、あるいは患者自ら手榴弾で自分の生命を絶つことであった。

 

・降伏を禁じる軍律がありはしたのであるが、その結果、例えばビルマ会戦のさいの俘虜と戦死者との割合は、一四二対一七、一六六名、すなわち一対一二0の比率であった。

*この「一対一二0の比率」がどれだけ異常な比率であるかは、以下を見れば分かります。

・西欧諸国の軍隊では、戦死者がその全兵力の四分の一ないし三分の一に達した時は、その部隊は抵抗を断念して手をあげるのが自明の理とされている。投降者と戦死者との比は、ほぼ四対一である。

 

 

・「降伏の恥辱は日本人の意識の中に深く烙きつけられていた。彼らはわれわれの戦争慣例とは相容れない行動を当然のこととして認めていた。そしてわれわれの行動はまた彼らにとって、ちょうど同じように不可解であった。

 

彼らがアメリカ人俘虜がその名前を本国政府に報告して、自分たちの生きていることを家族に知らせてほしいと 依頼したことを、さもさも呆れはてたこと、見下げたこととして噂していた。

バタアン半島でアメリカ軍が降伏したことも、少なくても一般兵卒には意外であった。彼らはアメリカ軍が日本流に最後まで戦い抜くと思い込んでいたからである」

*このアメリカ軍の予想外の大量降伏が、「バターン死の行進」につながってしまいました。

 

「大正デモクラシー」

 

・「彼らはあの第一次世界大戦の後、猫も杓子(しゃくし)も『デモクラシー』を口にした時代、軍人が東京の市中に出かける時には、平服に着換えて行った方が賢明だったくらいに、軍国主義が不人気だった時代でも」

 

*第一次世界大戦後から太平洋戦争が終わるまで、日本がずっと「軍国主義化していた」と、思っていませんでしたか?この「大正デモクラシー」の時代は、軍国主義よりも民主主義の方が人気があったようですね。

軍人が軍服を着て東京を歩くことがはばかれたような時代だったのですから。

 

「日本人と天皇」

・「しかしながら、天皇は、彼らにとっては切り離すことができないものであった。『天皇のない日本は考えられない』。『日本の天皇は日本国民の象徴であり、国民の宗教生活の中心である。天皇は超宗教的な対象である』。たとえ日本が戦いに負けたところで、敗戦の責任は天皇にはない。」

 

・天皇が命令する限り、日本人は「竹槍を揮(と)って」死ぬまで戦うであろうが、それと同じように、もしそれが 勅命であるならば、彼らはおとなしく敗戦と占領とを甘受するであろう、という俘虜たちの主張は本当だろうか。
その主張は正しかったと言える。日本を占領したアメリカ軍に組織的抵抗を試みた日本人はいなかった。玉音放送を聞いた日本人は、もうそれができなかっただろう。

 

「アメリカについて」

・平等はアメリカ人の、よりよき世界の希望の、最高にして最も道徳的 な基礎である。それはわれわれには、圧政と、干渉と、欲せざる重 荷からの自由を意味する。それは法律の前の平等と、各人が自らの境遇を改善する権利とを意味する。

それは今日の世界において組織的な形で実現されている基本的人権の根底である。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。
ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

アメリカの価値観や文化の象徴!?② 「アーミッシュ」

 

「日本人は世界でも際立つ興味深い民族で、しかも感謝の念は特定の個人にだけなく日本全体に強く感じます (シドモア 明治時代)」 「シドモア日本紀行 講談社学術文庫」

 

IMGP9339

 

今回の記事では、「ピルグリム=ファーザーズ」と「メイフラワー号」という言葉が出ます。
アメリカやヨーロッパでは有名な言葉で、もう、知っていて当たり前の常識にもなっています。
ご存じなかった方は、知っておくといいですよ。
まずは、確認です。
アーミッシュとは、このような人でしたね。

「アーミッシュは十八世紀前半、宗教的な迫害を逃れてヨーロッパからアメリカに移り住んだ人たちを起源としている。

彼らは、電気や車、電話などの文明利器を使わず、同じ身なりをし、農業中心の自給自足の生活を旨として、日常生活のさまざまな場面で、互いに支え合い、助け合いながら、一般社会から隔絶して暮らしている。

この一般社会からの隔絶は、『あなた方はこの世にならってはいけない。

むしろ心を新たにすることによって、自分を変え、何が神の御心か、何が善で、何が神に喜ばれ、かつ、全きかをわきまえよ(ローマ人への手紙 12:2)』という聖書の一節に基づくものであり、アーミッシュの考え方の根幹を成すものである(「アーミッシュ」 堤純子)」

では、前回の続きです。

このアメリカの一画でひそかに生活していたアーミッシュが、2006年に次のような事件が起きて、世界の注目を集めることになりました。

 

 「トラック運転手の男が、突然銃をもって学校に押し入り、女生徒たち十人を閉じ込めて彼女たちを撃った。教師の通報で警官隊が学校を包囲し、犯人の男はその場で自殺(アーミッシュ」への旅 菅原千代志)」

 

不幸なことですが、銃を持って学校に侵入し、乱射して多数の人を殺害するといった事件は、今でもアメリカではよくあります。
去年の10月にも、オレゴン州の大学で銃の乱射事件が起きて10人が死亡しています。
こうした事件が起きても、アメリカの社会から銃はなくなりませんね。

 

むしろ、こうした事件を受けて、護身用に積極的に銃を持つ動きもあります。
なかなか、秀吉の「刀狩り」のような武装解除は、難しそうです。
ただ、このアーミッシュの乱射事件は、その後が変わっていました。

 

「アメリカのメディアは騒然とした。それは銃撃事件など珍しくもないアメリカ社会であって、絶対非暴力のアーミッシュ、さらに女の子が銃という暴力の犠牲になったという衝撃であった。

さらに人々を驚かせたのは、犠牲者の家族が犯人の家族を訪れ、赦(ゆる)したばかりか、同情の手を差しのべ、娘たちの葬式に招いたということだった。

犯人の葬儀に参列したのも、非アーミッシュよりアーミッシュの人数が多かった。世間の常識では考えられない行動だ(アーミッシュ」への旅 菅原千代志)」

 

このアーミッシュのあまりに寛大な「赦(ゆる)し」こそが、まさに彼らがアーミッシュであるという理由でもあります。

 

「アーミッシュは人間が人間を裁くことを拒み、自分たちの敵にさえも助けの手をのばす人たちである(同書)」

 

そして、この常識では考えられないような「赦し」の背後には、彼らの篤(あつ)い信仰があります。
以下は、「アーミッシュ 堤純子未知谷」からの抜粋になります。

 

・「主よ。私の同朋が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦せばよいでしょうか。七度までですか」と問うペテロに「私はおまえに7度を70倍するまでと言おう(マタイによる福音書 第18章21、22節)」

・また、聖書にはイエスが、自分を十字架に打ちつけた役人に対して「父よ。彼らをお赦しください。彼らは自分が何をしているのかについてよくわかっていないのです(ルカによる福音書 第23章34節)」と彼らを赦し、神に彼らへの赦しを乞うている場面が描かれている

・「『ローマの信徒への手紙』第12章17~21節には『復讐(ふくしゅう)してはならない。復讐は神に任せよ。むしろ敵が植飢えていれば食わせ、乾いていれば飲ませよ。それは燃える炭火を彼の頭に積むことになるからだ。悪に打ち負かされることなく、善をもって悪を打ちましなさい』」

・アーミッシュは、このような聖書の言葉に従い、どような場合でも赦しを行うと同時に、その大切さを子どもたちに説いて聞かせている。

アーミッシュの人たちも、自分の子どもが殺されたのだから、言葉にならないような怒りや悲しみがこみ上げてきたはずです。
自分の子どもを殺されても、犯人の家族を訪れて赦(ゆる)し、娘たちの葬式に招くということ、さらには、犯人の葬儀に参列したということは、私にはちょっと信じられない気がします。

 

「人を殺した人をすぐに赦してしまえば、殺人はなくならないのでは?」とを考えてしまいます。
けれど、他人の目ではなく、ただ神の教えから判断することがアーミッシュという人たちなのだろうと思います。

 

個人的な感情を抑えて、自身の信仰を守ることを優先することで、驚くほど寛大な「赦し」という行為ができたのだという気がします。
前の記事で登場したアメリカ人から、このアーミッシュの人たちが税金を払わずに生活しているという話を聞いたのは、もう5年くらい前になります。

 

今でも、税金免除をされて18世紀の生活をしているのかは、分かりません。

 

その彼が言った「アメリカ的」というのは、アメリカ人でさえ驚くほど信仰を守り続けているアーミッシュという人たちのことではありません。

 
税金を免除するということを含めて、そうした人たちの信仰の自由を認めていることが、「アメリカ的」であり、それがアメリカという国の素晴らしさだと言っていました。

 

もともと、アメリカという国が生まれたきっかけは、「信仰の自由を守りたい」という人たちの願いからだった。
そうした人たちの中には、次のような、「ピルグリム=ファーザーズ」がいます。

 

「イギリスではピルグリムたちは、罰を受けることなしに自分の信仰信仰を貫くことができなかったので、だれにも邪魔されない場所を求めていました。彼らはバージニアへ向けて出港したのです(アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 Japan Book)」

 

彼らが、ピルグリム=ファーザーズで、イギリスにいたときは、国王ジェームズ一世から弾圧を受けて苦しい生活を強いられていました。

 

彼らは、宗教的自由を求めてアメリカ大陸に渡って来たのです。
そして、彼らを乗せた船が「メイフラワー号」です。
これは、アメリカでは小学生が必ず習うことで、アメリカ人ならほぼ誰でも知っています。

 

この「宗教的自由を求める」ということは、アメリカ建国の精神ともいえます。
この考えに従えば、アメリカとしては、税金を払うか払わないかといった現在のアメリカ社会の制度よりも、アーミッシュの信仰の自由を認めることを優先しないといけなくなります。

 

アーミッシュという人々の存在を認めるということは、確かにアメリカ人の彼が言うように、とても「アメリカン(アメリカ的)」だと思います。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。
ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

 

英語を勉強する人で、キリスト教信者でない人が知っておくべきこと~「聖書で読むアメリカ」

 

「驚くことには、また残念ながら、自分の国で人道の名に於いて道徳的重荷になっている善徳や品性を、日本人は生まれながらにしてもっているらしいことである。
(モース 明治時代)「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_6662

 

今回の記事では、「ディズニーランド」、「ハリウッド」、「ラスベガス」とは違った面のアメリカを紹介したいと思います。

「キリスト教の国」としてのアメリカです。

 

今回は、「聖書で読むアメリカ ( 石黒マリーローズ)」からから引用させてもらいます。
著者は、この本の中で、「英語を勉強する人でキリスト教信者でない人」に向けて、とても大切なことを述べています。

 

アメリカに興味がある人は、ぜひ、知っておいた方がいいと思うので、重要と思われるところを以下に抜粋しました。

 

・アメリカの記者たちは、本当によく世界共通語である英語で話します。しかし、聖書やキリスト教の考え方を知っていなければ、世界共通の精神を正しく認識することはできないでしょう。

私が言うのは、フランス人であろうとドイツ人であろうと、レバノン人であろうとギリシャ人であろうと、このような話の仕方を楽しんでおり、たいていの場合、それに応じた返答をしているということです。

新しいメディアや科学技術のおかげで世界はますます小さくなっているのですから、英語を勉強する人でキリスト教信者でない人は、キリスト教の習慣をもっともっとよく知ることが有利でしょう。

 

 

・日曜にプロテスタントの人が聖書を手に持ったり、バッグに入れて持って家を出ているのを見るのは当然です。

「よい書物(the Good Book)」とか、「書物の中の書物(the Book of Books)」ともよばれる聖書が、世界中の何億という人の日常生活となっていますが、キリスト教が生活の中に根付いているアメリカでは、もちろん、聖書は日常生活に欠かせません。

 

 

・アメリカの建国者である合衆国憲法制定者たち(founding fathers)は、聖書の原則に則(のっと)って建国しました。
聖書がこの国の基礎の重要部分です。多くの学校では聖書を教科書にして、歴史や文学などを教えているほどです。

 

・アメリカのモットーは、「One Nation Under God(神の下にある一つの国家)です。祈祷朝食会(Prayer Breakfast)というのは、アメリカの大統領が神をその生活の中心に置く機会です。

上院礼拝堂付牧師(Senate chaplain)が開式のはじめに祈りをし、上院議員たちで賢明な選択をするよう注意することが慣例となっています

 

・大統領候補者は、とにかく、イエス・キリストのことをあまりに多く話すので『政治家か説教者か(the politician from the
preacher)か識別し難い者がいる』とまで言われています。

 
(聖書をテーマにした映画「ナルニア国物語」について)

・2005年のイギリスの新聞ザ・タイムズ紙の記事の見出しは、「この映画では神が語られる(God will speak through this film)」となっていました。

 

・この1億5000万ドルの映画製作にあたっては、ディズニー社と、強力な霊的メッセージをつくり出すことを目指した敬虔(けいけん)なクリスチャンのオーナーを持つ、教育的関心の高いウォールデン・メディア社が公認・推奨しました。

 

・「アメリカの政治家たちは、祈りをとり戻すことについて議論するかもしれませんが、しかし、実際に多くの放課後の祈祷クラブのおかげで、祈りは既に大分部の学校に存在しています」というのが、1998年4月のタイム誌の「学校に祈りを入れて元気づける」と題する記事の副題でした。

 

・タイム誌によると、アメリカの公立学校では、四校のうちの一校というぐらい、多くの学校にこの祈祷クラブがあります。

 

・ボーイング社はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の信者労働者に、別々の研究グループがあります。マイクロソフト社の社員は、オンラインで祈りの会を開いています。

 

・トーラー研究グループのリーダー、ジェイ・イフが、株式取引所の職員について述べました。彼らは仕事が終わった後、あるいは昼休みに、祈ったり祈祷書を読むために集まります。

 

(2001年の9・11テロでの出来事について)

・2001年9月11日、ユナイテッド・エアラインズの飛行機がハイジャックされて国防省に向かって進んでいると知ったとき、乗客のトッド・ビーマーは、ユナイテッド・エアラインズの電話を扱っている電話会社GTEを呼び出し、交換手と一緒に主の祈りをと「詩編」第23章を唱えました。

「死の影の谷を行くともきも、わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭(むち)、あなたの杖、それがわたしを力づける」

 

・その同じ夜のブッシュ大統領の国民向けの哀悼演説にも、これと同じ聖句がありました。

「私は、『詩編』第23章の中にある時代を通じて語られている、私たちの誰よりも偉大な力のある方によって慰(なぐさ)めを与えられるよう祈ります。その『詩編』にはこうあります。

『死の影の谷を行くともきも、わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖、それがわたしを力づける』。おやすみなさい、そして神よ、アメリカを祝福してください」

 

・9・11同時テロが事件直後の議会の徹夜祈祷会で、ジョージア州選出のある民主党下院議員が行った祈りは次の通りでした。

「ああ神様、私たちは今夜心重く悲しみに沈んで、御前に来ました。今こそお助けください。
あなたは力強く、強力な神であられることを私たちは知っているからです。今このときにあなたが必要なのです。あなたの癒しの力が必要なのです。今夜こそ私たちに御目を注いでください。

・・・・神よ、御旨のままに、私たち国民を祝福してください。

おお、神様、特別にお願いします。どうか、世界貿易センターとペンタゴンの犠牲者たちの家族と愛する人たち、そしてペンシルヴァニア州で亡くなった人たちの家族のところへ来て共にいてください」

「今夜私たちは、消防士、警官たち、医師たち・・・のために祈ります。おお主よ、この途方もない悲嘆と絶望のときにあって祈ります。他に頼る者がいないのですから、今夜親愛なる主におすがりします。私たちの困窮のときにあたって恩寵を注いでください。

私たちにはあなたの助けが必要なのです。ああ、神よ、今、今まで以上にすぐに、私たちの祈りをお聞きください。ああ、神様、私たちはあなたの民です。あなたの子供です。私たちは傷ついています。

国民は傷ついています。国が傷ついています。おお、主よお助けください」

 

*教会の聖職者が言ったのではなく、アメリカの議会で議員がこう言ったことに驚きました。

アメリカでは常識的な発言なのでしょうが、日本の議員が国会で「神よ、仏よ。私たちの祈りをお聞きください」などと言うのは、ちょっと想像できませんね。

 

どうでしょうか?

アメリカという国は、キリスト教と本当に深く結びついていることが分かりますね。

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

良かったら、こちらもどうぞ。

英語を勉強する人で、キリスト教信者でない人が知っておくべきこと~「聖書で読むアメリカ」

食事で役立つ「おいしい英語」、教えます。ヤミーはやめた方が・・

イギリス人よ、これが和製英語だ!パワースポットにスピードダウン・・

スター・ウォーズのもう一つの見方~なぜ帝国側はイギリス英語を、反乱同盟軍側はアメリカ英語を話すのか?~

アメリカ人と京都旅行②~和製英語って「AWESOME」でしょ~

イギリスの階級のせい? オーストラリア英語のなまり(発音)の理由

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話が盛り上がる話題

「世界ベストツーリスト」の日本人が、外国でしてはいけないこと。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。