IMGP9274

宣教師ルイス・フロイスが見た戦国時代の日本女性 ①


 

今回の記事では、戦国時代に来日した宣教師の「ルイス・フロイス」の目をとおして戦国時代の日本を紹介します。

まず、ルイス・フロイスとは、このような人物です。

 

 「1532~97 ポルトガルのイエズス会宣教師。1563年に来日。京都で信長に謁見、秀吉とも親しくし、キリシタン布教の地歩を固めた。追放令で退去後、再来日し、長崎で死去。『日本史』を執筆した(日本史用語集 山川出版)」

 

フロイスは、ヨーロッパ人の女性と日本の女性とを比較して、次のように記しています。
以下は、「フロイスの日本覚書 中公新書」からの抜粋になります。

 

・インドでは、下男が裸足で、降雨用もしくはよけよ用の傘をさしかける。日本では、女性たちがたがいに傘をさしかけあう。

*「たがいに傘をさしかけあう」ように親しむことは、今の女子高生もやってそうですね。

 

・ヨーロッパでは、夫婦間において財産は共有である。日本では、各々が自分の分け前を有しており、ときには妻が夫に高利で貸しつける。

*ボクの周りは、妻からのお小遣い制ばかり。さすがに、夫に高利をつけてお金を貸す鬼嫁はいませんね。

 

・ヨーロッパでは、妻を離別することは、罪悪であることはともかく、最大の不名誉である。日本では、望みのまま幾人でも離別する。彼女たちはそれによって名誉も結婚(する資格)も失わない。

 

・(ヨーロッパでは)堕落した本姓にもとづいて、男たちの方が妻を離別する。日本では、しばしば妻たちの方から夫を離別する。

 

・ヨーロッパでは、娘や処女を(俗世から)隔離することは、はなはだ大問題である、厳重である。日本では、娘たちは両親と相談することもなく、一日でも、幾日でも、ひとりで行きたいところに行く。

*今の日本でも、渋谷とか道頓堀にいそうです。

 

・ヨーロッパでは、妻は夫の許可なしに家から外出しない。日本の女性は、夫に知らさず、自由に行きたいところに行く。

*今の日本では、さすがにこれはない。戦国時代の女性は自由すぎます!

 

・われらにおいては、女性が文字を書く心得はあまり普及していない。日本の貴婦人においては、もしその心得がなければ格が下がるものとされる。

*「女性が文字を書くことができた」という国は、当時の世界でも本当に少ないと思います。
・ヨーロッパでは、通常、女性が食事をつくる。日本では、それを男性がつくる。そして貴人は、料理をつくるために厨房に行くことを立派なこととみなしている。

*これは、意外でした!
・ヨーロッパでは、男性が高いテーブルで、そして女性が低いテーブルで食事をする。日本では、女性が高いテーブルで、男性が低いテーブルで食事をする。

*現在の日本でも、妻を怒らせた夫はこうなりますね。

 

・ヨーロッパでは、女性が葡萄酒を飲むことは非礼とされる。日本では(女性の飲酒が)非常に頻繁であり、祭礼においてはたびたび酩酊(めいてい)するまで飲む。

*安心してください、フロイスさん。今の日本でも同じですよ。
大学の歓迎コンパでベロンベロンに酔った女性をよく見ました。

 

・ヨーロッパでは、女性は立ち上がって客を迎える。日本の女性は、坐ったままで迎える。

*まあ、畳の国ですから。
・ヨーロッパの女性は、通行の際に人に見られぬようにヴェールをかぶる。日本の女性は、道を行くとき、タオルをかぶり、その両端を顔の前で結ぶ。

*ダチョウ倶楽部か!

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です