o0800060013614659965

外国人に必要な配慮とは?② ~外国人に日本を説明すること~


 

前回の記事で、2020年の東京五輪・パラリンピックについての読売新聞の記事を紹介しました。

 

「外国人向けの地図で、寺院の地図記号は「卍」が、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした」

 

という内容のものです。

この記事を読んで、こんなことを思いました。
「『卍』は変えずにそのままにして、『卍』の説明文を添えればいいんじゃないの?」

 


それが、欧米人の考え方にも沿っていると思うからです。

2012年2月24日のニューズウィークという雑誌に、「ヒトラー『わが闘争』今さら出版する訳」という見出しで、次のような内容の記事がありました。

 

「世界中で忌み嫌われるナチスの独裁者アドルフ・ヒトラーの著書『わが闘争』。反ユダヤ思想に満ちたこの本の抜粋に解説を付けて、英出版社アルバルタスがドイツで出版する」

 

欧米では、ナチスに関するものはタブーとされているので、街で鉤十字などナチスを連想させるものを見ることはないと言います。

 

ナチスを連想させるどころか、ヒトラーのユダヤ人差別思想をそのまま伝える「我が闘争」になると、大きな問題になり、このようなニュースになります。

 

このことについて、毎日新聞の記事(2016年1月9日)に、このようなものありました。
「ヒトラー「わが闘争」再出版 戦後発禁の著書」という見出しの記事です。
大よそ、このような内容です。

 

・第二次大戦後、事実上出版が禁じられてきたナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」がドイツで再出版されることが決まった。

・この本は、「ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で知られるナチスのイデオロギーの柱になった著書(同記事)」というもので、これをを読んだ人が、ヒトラーの考えに感化されて、ユダヤ人など外国人差別を助長させる可能性がある「危険な書」でもある。

・そのため、この本をそのまま出版させるわけにはいかず、780ページ程度の原作に、膨大な注釈(補足的な説明・解説)を付けたために、約2000ページの本になっている。

 

原作の3倍近い量の注釈を必要とする本というのもすごいですね。
ですが、この本の影響を受けて人種差別思想をもたないようにするためには、絶対に必要な処置なのでしょう。

 

それほど危ない本なのだから、「出版しない方がいい」という意見もありましたが、ドイツでは再販が決められました。

 

このことをどう思うか、アメリカ人、イギリス人、フィリピン人に聞いてみました。
彼らは関心の差はあるけれど、ナチスのことや「我が闘争」の再販のニュースは知っていました。

 

彼らにしてみれば、「地図記号が「卍」から三重塔になる」ということより、「我が闘争が出版される」ということの方に関心があると思います。
逆に、日本では、この本の出版よりも地図記号の変更の方が関心が高いと思いますけど。

 

友人たちはみんな、「我が闘争」の再出版には賛成でしたね。
イギリス人は、こんな風に言っていました。

 

「出版した方がいい。ナチスのホロコースト(ユダヤ人虐殺)は、ナチスドイツだけの責任ではなく、ヨーロッパ全体の責任だ。その悲劇を起こさないためには、ヒトラーの考えを知っておいた方がいい。知らないでいることは良くない」
つまり、「『わが闘争』は、出版することより、出版禁止にするほうが危ない」ということですね。

 

一般に、欧米ではナチスを連想させるものは危険視されていて、タブーになっています。
でも、このように「正しい説明を加えたものなら、世に出してもいい。むしろ出すべきだ」という考えもあります。

 

前回のボクの体験と、欧米のこうした考え方から、「『卍』のマークに注釈(説明)を付けて地図に載せたらいいのに」と、思ったわけです。

 

「ナチスを連想させるから、卍をやめて三重塔にしよう」というのではなく、そのまま「卍」にしておく。
でも、説明を加えて「卍」についての外国人の認識を正しいものにしていく。
これが、外国人への配慮になると思います。

 

それに、日本中の卍を変えることは不可能ですし、いずれどこかで外国人が卍を見ることになると思います。

 

東京オリンピック東京オリンピックで、外国人に「正しい卍の意味を伝える」ということが、後々、いろいろなところで活きてくると思うのですけどね。

 

まあ、この地図記号の変更には他にも理由があるのかもしれませんけど。
ということで、「外国人に必要な配慮」とは、日本のことについて誤解することがないように、日本のことを正しく伝えること、だと思います。

 

でも、そのために一番大事なことは、日本人が日本のことを正しく知っておくことですね。
このブログでいろいろ書いているのも、「そのお役に立てれば」という気持ちがあります。

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。

 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・旅行ブログ「ゆかしき世界

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です